HOME>ホットトピックス>注文はセミオーダーからフルオーダーまで幅広い

建売との違い

最近、堺で注目されている注文住宅は文字通り注文をしてから建てます。商談をする段階ではまだ家は完成していません。依頼主が様々な注文を出してそれに沿って建てられます。今までの住宅は建売住宅が主流でした。間取りや外観などがあらかじめ決められており、いわば既製品となります。どんな人でも住みやすい設計となっており、敷地面積が広くない場所でも大丈夫です。反対にある程度の大きさの敷地になると注文住宅を選択する傾向が多くなります。敷地が広いほど家の自由度が高くなるのが理由です。もし今までとは違うオリジナルの住宅に住みたいなら注文住宅を選ぶのがいいでしょう。

設計する範囲を決められる

注文住宅にもフルオーダーとセミオーダーの2種類あります。セミオーダーは一定範囲内まで選択肢があり、はじめから設計していくフルオーダーがあります。セミオーダーでもある程度こだわりができて費用も安くなります。無理のない範囲内で手を打って良い方は、セミオーダーを選択するのもありです。堺の注文住宅で選べるのは住宅に関する全ての要素です。外観や間取りだけでなく、細かなデザイン・使用する素材・使い勝手など広い選択肢があります。要望が規格外になれば建築費は高くなり時間もかかります。デザインにこだわるだけでなく家族のことを考えたバリアフリーも可能です。予算の範囲内であれば多様な要望で実現できるのが注文住宅の強みです。

広告募集中